ごあいさつ

前年度に続きまして今年度も見守り活動の担当をさせていただきます。いつも見守り活動にご協力いただきありがとうございます。

1年間見守り活動をして改めて思った事は地域の見守り隊の方々の大切さです。場所によっては毎日立っておられますし、なるべく立ちたいから登校時間が違う日時を教えてほしいという方まで、挨拶以外はあんまりお話する事もないと思いますが、皆さん見守りに対して責任感を持ってとても真剣に取り組んで下さっています。子供たちの安全を第一に考えて行動してらっしゃるなあと見ていて思いました。私も子供たちの姿に癒されている場合じゃないなぁ、気を引き締めて見守り活動していこうと思います。

昨年度は、見守りサポーター制度を導入して、多くの方々にボランティアで見守り活動に参加していただきました。月に何度も、そして自宅から遠いところでも見守りにいっていただきました。はじめはこの制度がうまくいくか不安でしたが、ふたをあけてみれば、たくさんの方々に支えられて成功裏に終えることができました。この場を借りて感謝申し上げます。

朝は忙しくてあっという間に時間が過ぎますが、子供が登校する時見守り隊の皆さんのことを思い出してみてください。そして少しでも見守りにご協力いただけたら幸いです。

令和3年度 西陣中央小学校PTA 副会長(保安担当)
中野 有里奈

平素より、PTA活動へのご協力を賜り、誠にありがとうございます。

本PTAは子どもの安全な登校を支援するために、朝の見守り活動を行ってまいりました。以前は、保護者の皆さまに年1回、各クラスから選出された保安委員に年10回以上の参加をお願いしておりました。ところが、昨年度、コロナ禍によって選出が行えなかった保安委員の代わりに、自主的に数回の活動に参加してくださる「見守りサポーター」を募りました。同時に、保護者の皆様にご参加いただいた年1回の見守りも継続したことで、交通量の多い朝の時間における見守り活動の重要性を多くの皆様に共有できたと考えております。ご参加いただきました皆様に深謝申し上げます。

ボランティアで支えられる「見守りサポーター制度」の試みの成功が昨年度の規約改正の原動力となり、選挙で選ぶクラス委員をなくしてボランティアのみで全てのPTA活動を行う運びとなりました。「できる人がやる、できることをやる」を信条としている今年度の本PTAにおける最も重要な活動の一つである見守り活動を軌道に乗せるためにも、年1回の見守り活動への参加、さらには、一人でも多くの方にサポーターとして見守り活動にご参加いただけると幸いです。

家事や育児、仕事などのご多用の中、貴重なお時間をいただく形となりますが、子ども達の命をまもり、安全な学校生活を送るために、引き続きご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和3年度西陣中央小学校PTA 会長
渡辺 亮