見守りサポーターとは

見守りサポーターは、令和2年度よりスタートした制度です。

それまでは、各クラスから選出された保安委員と、全保護者を対象とした見守りボランティアでカバーしてきましたが、選挙による選出の負担が大きいという声をいただいておりました。そこで、選挙の負担をなくすために、「できるひとができることをやる」形にかわりました。これまで通り、全保護者を対象とした見守りボランティアを募るのと同時に、ボランティアで埋まらない場所をカバーしてくれる「見守りサポーター」を募集しました。
その結果、以前より多くの方に見守りボランティアにご参加いただいた他、51名の方からサポーターとしてご協力いただいております(令和4年4月現在)。サポーターの方の中には、ご子息が卒業された後も登録をしていただいている方もいらっしゃいます。この場を借りて深く御礼申し上げます。「やってよかった」「できることならもっとやりたい」 経験者の方々からこんな声をいただいております。クラス委員選挙のない今の形を続けるために、皆様のご参加をいただければ幸いです。
参加を考えている、参加したい方は、メール(nishijinhoan@gmail.com)または問い合わせフォームからご連絡下さい。

見守りサポーターとは?
・全保護者/各学年ボランティアで埋まらなかった場所での見守り活動をお願いしています。

何回くらい参加するの?
・0回でも毎週でもかまいません。月に2〜3回入っていただいている方から年に1回程度の方もいらっしゃいます。
・1〜2ヶ月に1回程度、参加できるところをサポーターの方にお尋ねします。もし、ご都合が合う方のみ挙手していただく形です。

連絡手段は?
・LINE、メール、電話など、サポーターの方のご都合の良い方法をお選びいただけます。

登録したけど一度も参加できなかったらどうするの?
・登録していただく皆様のお気持ちだけでもうれしいので、是非ご登録ください。