みまもり活動を知ろう!

見守り活動ってなに?

PTA会員による見守りボランティアやサポーター、そして地域の方々から構成される見守り隊の方々に、登校時間に通学路に立っていただき、こどもたちの安全な登校を見守ってもらっています。


なぜ見守り活動が必要なの?

西陣中央小学校の通学路は、狭い割に車や自転車の交通量が多く、見通しの悪い交差点も多く存在します。全国では約200人に1人が登下校時に事故に遭っているというデータ1)や、西陣中央小学校の見守り活動においても5名に4名の方が「見守り中に危険と感じたことがある」2)という声をあげています。このような中で、西陣中央小学校PTAは平成25年度より「全保護者見守り活動」を行っております。
1) 独立行政法人日本スポーツ振興センター 学校災害防止調査研究委員会 「学校災害事故防止に関する調査研究(平成26年3月)」より抜粋
2) 令和2年度西陣中央小学校見守りサポーター・ボランティアを対象にしたランダム調査の結果より

今年はクラス委員が選出できなかったけど、どうするの?

例年、各クラスより選出された保安委員に月二回程度と、PTA会員の皆さんから年に1回程度参加いただいておりましたが、本年度はコロナ禍の中でクラス委員を選出できませんでした。そこで、今年度はPTA会員の中から募ったサポーターの方々のご協力により、活動を維持しております。

朝の時間は仕事の関係とかで出られない人はどうしたらいいの?

参加が難しい方におかれましては、サポーターや地域ボランティアである見守り隊の方々への温かいご声援をいただければ幸いです。